So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

光明

ありがとう                                             69歳のお婆さんはとてもとても幸せで                                 たくさんの愛に包まれて                                       100分の1の恋慕                                        1000分の1だってかまわない                                   ショパンのノクターンで私の気持ちはどこまでもほどけていくのです                    しおんとの静かな何とも言えない静かな生活                               新宿の片隅で去年頂いたバラたちがドライフラワーとなって幸せを思い出させてくれる
少女のような100分の1の恋慕
1000分の1だってかまわない
安らかに眠れ
安らかに眠ってくれと祈る
お婆さんの生活は時として単調だけれど
そこに一筋の光明が私を確かに微笑ませる
確かに
何もいらない
もう何もほしくないのです
独りが清々しくて
しおんと暮らすのが清々しくて
微かな微かな愛さえあれば
ありがとう
私69歳のお婆さんです
繰り返し繰り返される日常
100分の1の恋慕が
1000分の1の恋慕が
生きることへの強い意志と変わるのです
生きます
もう少し
しおんを残して逝けないから
泣くこともなく
怒ることもなく
人生の冬の真っただ中で
掌の上で溶ける雪のように
100分の1の恋慕
1000分の1の恋慕
それは
光明

だから私は
生きます

息します


わたしの春は

三月の始まり
気温10度の真夜中
ガスストーブを弱く点ける

春の始まり

しかし私の青い春はもう来ない

いくつの季節を経験したのだろう
68回

68回の春夏秋冬が巡った

確かな春を激しく生きた

恋愛も失恋も演劇も音楽も言葉も感情も激しく青くそれは確かな春だった
青かった 青さを武器にした 私は美しかった 柔らかかった しなやかだった

夏は汗と情熱に漲った
降り注ぐ太陽に抗った 負けることはなかった
熱さが私の背中を押した 強く逞しかった

精神が崩壊しても戦う情熱は炎のように燃えていた
美しかった 強かった 怖いものはなかった 熟れ切った果実だった

秋は静かに勉強した
少しだけ青い春と暑い夏を振り返りつつ新しい世界に静かに挑戦した
疲れということを少し意識した しかし鋼のように跳ね返す弾力は持っていた
春と夏とは違う世界で肉体は紅葉したがまだ枯れはしなかった
歳を重ねて大人になることを楽しんだ

そして冬
今こそ冬の季節
体は朽ち次の春はもう永遠に来ることはない

過ぎたのだから 過ごして来たのだから

後悔なぞ一つもしていない

春も夏も秋も精一杯生きたのだから

今できること 年老いた私に出来ること を 緩やかに考えている
気負いはない だが まだ為すべきことは少しだけ残っているような気がする

正直体はもうついてこない しかし頭は清明だ

気負うことはない

年老いた私 二度と来ない春 

確実に待っているのは死

怖くはない いつでも受け入れる準備は出来ている

まだ為すべきことはある

年老いたからこそ出来る事

私の刃は今だ挑戦的だ


しおん

足元ので寝ている

私は68歳でもうすぐ69になる

しおんは2歳7か月

猫は一般的に15歳は生きる

私は後15年生きるのだろうか とても生きているとは思えない

しおんは人間は私にしかなついていないし他の人は一切受け入れない

しおんは私で私がしおんなのだ 二人で一人

うちに人が来たときはその時間どこかに隠れて絶対出てこない

人間で認めて心を許すのは私だけ

ああ 死ねない

しおんより先に死ねない

私が死んだらしおんはどうするだろう

きっと誰にもなつかないだろう

私がしおんでしおんは私だから

しおんを不幸せにするわけにはいかない

一人にするわけにはいかない

だからしおんが星になるまで私は死ぬわけにはいかないのだ

生きる意味がしおんを一人にしないというだけでも

それは一つの生きる意味かもしれない

だからしおんが星になるまで私は生きる

しおんを看取る

それが私の生きる意味だ

立派な意味だ


さんちゃん

三ちゃん あなたは今どこにいますか 良い風吹いてお花がいっぱい咲いてののやリリーもいて三人で仲良く遊んでいますか?
甘えん坊だったね 私にしがみつくのが大好きだったね

あなたに会いたい 抱きしめたい あなたの匂いを嗅ぎたい

三枚橋病院のデイケアで迷子になってたあなたと暮らしてたった12年であなたは星になってしまった

お外が大好きで跳ね回るのが大好きで美味しいお魚も一緒に食べたね 美味しかった

しおんが来てもいじわるしないで良いお兄さんになってくれたね

ゴールデン街で一緒に写真も撮ったね さすがにあなたはおびえてたけどあなたの写真は今でも店に飾ってあるよ 毎日眺めているよ ちょっとびっくりしておしっこちびったね ごめんね

大切な大切な12年間 いつも一緒に寝たね 気持ちよかったよ あなたのぬくもり 絶対忘れないから

最後の何か月かは11歳トロミにホタテの缶詰混ぜて抱っこしてご飯食べたね あなたは生きようと必死で食べた 頑張った

あなたは7月15日早朝押入れ布団の中で静かに息を引き取った その前の夜 私の布団に入ってきて隣で寝たね

ありがとうって言ってくれたの ありがとうって隣で寝てくれたの 嬉しかったよ

100万回のありがとうを私も言わせて下さい 100万回ありがとう 100万回ありがとう

あなたのお骨はダイニングテーブルの上で私を見つめています 優しい目をしているよ 私も優しい気持ちになるよ

でもあなたの魂は小さな肉体から解放されてとても気持ちの良い世界で自由にのびのびと遊んでいるんだろうね

待っててね 私も行くから また会えるよね 待っててね もうすぐだから

もう一度

100万回のありがとう 100万回のありがとう


記憶の始まり

太陽がまぶしかった。いつもの目線ではないから。都電の線路がぎらぎらと陽光に照らされて、おじいちゃんの肩車。高い。高い。世界が高い。身長80センチ程のの華奢な女の子2メートルの世界を見渡している。おじいちゃんの背中は安心の場所。私の2本の足を温かくて無骨な手がしっかりと支えてくれていたから。私はその年期の入った無骨な腕に支えられ、その高い場所から信濃町の都電通りを空を滑るようにおじいちゃんに身をゆだねていた。見慣れた信濃町の景色がゆっさゆっさと眼下に揺れていた。それはおじいちゃんの歩調が私の体に伝わる感覚。おじいちゃんの息遣いと一つになる瞬間。右側が慶応病院で左側は蕎麦屋さんや荒物屋さんや小さな商店街が並んでいた。私は笑っていたと思う。おじいちゃんも笑っていたと思う。私は4歳ぐらいだろうか。おじいちゃんの禿げ頭に手を老いて笑っていたのだと思う。ぺんぺんと禿げ頭をたたいてアハハとのけ反って笑った。おじいちゃんもアハハと笑った。最初の記憶。最初の匂い。都電の線路道を歩きながら、おじいちゃんと私は信濃町の駅を目指していた。そこで省線を眺めるのだ。切符切りの車窓さんがいる小さな木造の駅だった。電車の色は多分茶色だったろう。ただ何十分も眺めていた。停車したり発車したり、まばらな人々が乗り降りしていた。それだけで楽しかった。大好きなおじいちゃんと一緒だったから。剥げて歯の抜けたおじいちゃんだった。 帰りに駅のそばの半畳ほどの駄菓子屋さんでアメリカの小さなガムを一粒買ってもらった。紙を剥くと英語で書かれたポパイの漫画が入っているガムだった。アメリカさんのチュウインガム。たった一粒のチュウインガム。甘い、香りのよい、歯ごたえのあるチュウインガム。よく噛んで舌の先で伸ばしてぷーっと息を吹き込むと大きく大きく膨らむチュウインガム。膨らんで膨らんでパチンと割れた。鼻とほっぺにくっついた。それがおかしくてまたアハハと笑った。

記憶にはないが、沢山のポパイの漫画を持っていたような気がするから、おじいちゃんの肩車は私たち二人の日常だったのだろう。至福の時だった。晴れ渡った清々しい初夏の思い出

おじちゃんと私の秘密の時間。人通りの少ない信濃町の都電通りで二人だけの思い出は、どこまでも眩しかった。

 


毒舌婆

68歳になりました。

たくさんのお祝いメッセージを頂き本当にうれしい気持ちでいっぱいです。
心よりありがとうの言葉をお返しいたします。本当にありがとう。

でたらめバカのくそったれがよくここまで生きてきたもんだと自分のことながら他人事のようにびっくりしています。そうびっくりしているんです。68年ですよ。長いですね。長すぎます。

今必死で自分の人生の幕引きを考えています。もうそろそろ緞帳おろしても良いでしょう。問題は緞帳のおろし方。

ま、一応本も書いたし自分で最後と決めた芝居もしたしパンクバンドも決着つけたし私のミッションは終了したはずなのです。はずなのですよ。

残っているのはあと何年生きるか分かりませんが10年とちょっとでしょう。その位で打ち止めにしたい。
老人は疲れますからね。目も緑内障白内障だし心臓肺も苦しいし足は10年前に骨折しているのでちょっと歩くと痛いし何よりも老人性のうつですからね。もう笑っちゃいますよ。要するにボロボロなんです。

ぼろぼろでも死ぬまで這いつくばってでも生きねばなりませぬ。自殺はする気ありませんから。

でたらめバカのくそったれはでたらめバカのくそったれにふさわしい私らしい生き方を模索しています。
今更腰の低いまあるいばばあになる気はありません。そんなことすると自分の中にすとレス貯まって余計うつが酷くなります。

猫のように気ままに生きますよ。
毒吐いてね。悪態ついてね。
嫌われ新子の一生です。

多分それが一番私らしいと思っています。

わが まま


濁流

三太郎としおんの姿が見えない 一番気持ちの良い場所で寝ているのだきっと

 
厚意を身に余るほど頂いて私は胸がいっぱいでこんなに良くしていただいてとてもとても気持ちの良い夏と秋を過ごしている
言葉にならないことがあるたくさんある言葉は軽い陳腐で薄っぺらいだから沈黙する
沈黙は際限なく重くぐっと詰まっている厚いものと事がだから沈黙はもっと重くなる

あ 三太郎見っけた洗ったばかりのシーツの上
あ しおん見っけた電子レンジの上

67年という信じられない時間を生きたどろどろに生きたまだどろどろと生きている
これからもどろどろと生きるのだろう終われないでいるかっこつけるほど若くはないよ

LARKの1ミリを2箱吹かした最大の無駄でも吹かし続けるふとプカプカのメロディーがよぎる
もうあばずれではないさ私

音のない真夜中私の中には濁流が渦を巻く
頭や心臓や心や意識やたぶん魂なんかがどきどきする
どきどきするんですこれだけ生きてもだからまだどきどきしながら生きる
どきどきしているうちは生きていようと思う 

まだまだ這いつくばり方が足りない足りない足りない
まだ小僧です


ぐしょぬれどぶねずみ

夕方雨は土砂降りだった いつものように店に行く 近所の酒屋の自販機でたばこを買った 傘さしてお金出して機械にお金入れてタバコ取り出しておつりお財布にしまって煙草ポケットに入れて雨はざあざあ肩にかけたバックがずり落ちている 変な格好で傘さしてお財布バックに入れたつもりだった 雨の音がすごかったのでお財布落としたのに気付かなかった 歩いていてやけにカバンが軽いなとうっすらと思った記憶はある 店の近くのコンビニで光熱費払おうとバックの中見たら財布がなかった あ あの自販機のとこで落としたんだ とっさにそう思った 急いで戻らなくちゃ まだ財布落ちてるかもしれない こんな雨だもの人通りも少ないもの 又あの神社の裏の階段上るのしんどいけどそんなこと言ってられない 光熱費分入っているからお財布の中に万札ある 神様お願いと何回も言いながら酒屋の自販機まで戻った もう布のブーツはびちょびちょ足はずぶずぶ お店の人に懐中電灯借りて自販機の下とか探したけどお財布はなかった ほんの15分くらいで盗られちゃった がっかりなんかしてられない 酒屋のおじさんが警察の電話番号教えてくれた イヤー 携帯も忘れてる 急いで家に戻って牛込署に電話した 近くの交番に紛失届出して下さいと言われた 近くの交番てお店の近くの花園神社の裏の交番だ こうなったら迅速だ 携帯持ってブーツだけ履き替えてもう一度神社の階段を降りる 神様お願いとまた心に念じた でも今日の神様は冷たい 雨はますます激しくなるし風も横風だ 適当な傘を持って出たので風にあおられておちょこになって壊れた 大雨の中コートのフードをかぶってびしょびしょになりながら傘なしで歩いた 疲れたなんて言ってられない お金は抜かれてもしょうがないけど免許証保険証キャッシュカード全部入っているお財布だ何とか見つけ出さねば後が大変なことになる 早く届けを出さねばとその思いで必死であるいた 豪雨を吸ってダウンが重い水浸しぬれねずみ傘はない神はいない ともかく店に行って忘れ物の傘を持って来なければ 花園交番はその次 店でずっしり重いコートを拭いた 髪も拭いた結んだタオルが2枚ぐしょぐしょになった 店の床も椅子もびっしょりだったけど今はそれどころじゃない早く交番に行かなくちゃ 男物の傘をさして交番に行った お巡りさん丁寧に迅速に話を聴いてくれてお財布に入っていたお金とその他のカード類を記入した やさしいお巡りさんでよかった すぐにどこかに電話した 御苑前の交番にそれらしいお財布が届いてるって 思わず私は拍手した はーいったい何だったんだ びしょびしょで早歩きしていた私 でも自分を褒めてあげたいくらい雨なんかに負けていない迅速な行動を褒めてあげよう 神様はいた あきらめない私を見はなさなかった

雨は少し小降りになっていた
お財布は御苑前の交番にあった 女の人が届けてくれたそうだ お金もそのまま入っていた

ああよかった 私はぐしょぬれのどぶねずみだったけどお財布はそのまま戻った
運が良かったというべきかこのアクシデントをどう受け止めればよいのかよく分からないがともかく一件落着した

気が付けばどぶねずみはテンションハイの躁状態になっていた

神様何か私にいたずらしたかった?としか思えないような木曜夜はびしょししょだった

何事もなかったように猫たちは寝ているし あ 日常なのだ 非日常を潜り抜けて日常に戻った

夢ではないよ ほんとのはなし


走る三太郎

全ての音を消して昼寝の夢を思い出す


今日稽古いやだな帰ろかな帰ろう瓜生さん怖い顔してるし吉田や悦ちゃんはにこにこしてるけど私は今日は稽古したくないんだ
明日やれば間に合うと思う今日は一人でいたい小道具の髪飾りと衣装をしまう場所を探す
大きな古い旅館のようだ私たちは合宿しているのだみんないるみんな楽しそう私は楽しくないという感情でいるわけではないが今日のけいこはしなくてよいと思う
衣装と髪飾りを置いておく場所を探す茶色くて幅の広い階段を上ったり下りたりして時々木が腐っている
とても大きな古い古い建物だ百年建ってる旅館のようだ大きな広間の隅っこに水の入っていない砂利が敷き詰められた池のような場所があったここに置いておこうと思う悦ちゃんが来て風呂敷貸してという白くて赤い花柄の風呂敷だ
私が見つけた何もない場所がいつの間にかみんなの荷物置き場になっている私の場所なのに私だけの場所は私だけの場所ではなくみんなの場所になっている悦ちゃんが私の風呂敷で何かしまっている

私は家に帰ろうとしている靴を履いていないので若い誰かの部屋にいて靴を借りようと思う靴はいっぱいある赤いのや黄色いのや青いのや赤い靴を借りることにした右足は丁度良いが左足がぶかぶかだ左足が小さくなった赤いぺったんこの靴で先がとがっている布でできている細い飾りのようなベルトがあったのでボタンで止めた

猫の三太郎もいる靴を履かせなければと思う黄緑色の小さな靴を履かせた細長い靴だった

外はどこかの温泉街のようだ三太郎は嬉しそうに駆け回っている私に付かず離れず温泉街の商店街を東京への帰り道を探す三太郎が元気に走っているのがすごく嬉しいこんなに嬉しそうな三太郎私も嬉しい
すごく広いバスの待合所ぐるっと階段があって街の人がいっぱいいる三太郎は走る気が付けば三太郎の靴は脱げているやっぱり三太郎は素足が一番良い
バスが来た三太郎はバスの運転席の窓から中にぴょんと入った運転手さんに抱かれた停留場に看板があって東京という字が目に入った三太郎を抱いている運転手さんにこのバスに乗れば東京に行きますかと聞く運転手さんは愛想が良くてとても良い人だ坂道の町温泉街狭い街並みにぎわっているバスには地元の人がたくさん載っている
東京はすぐですよ東京に行くには小さなワンボックスカーがもうすぐ来ますと教えてくれる

ありがとうという気持ちで三太郎を私の方に呼ぶように大きく手を広げた

そこで夢は唐突に終わった

三太郎と東京に帰る

幸せな気持ちだけが残った

三太郎は元気なのだすごく

そう三太郎はすごく元気なのだ

東京の新宿のいつもの家で三太郎と暮らすのだ嬉しい


無題

トイレの窓を少し開けて雪が降っているかどうかをのぞいてみました                        残念ながら初雪を見ることはかなわず凍えた空気が私の手のひらと甲をなでました                  地震の揺れには動じない私がいてそれはいつ死んでもイイやというような投げやりな気持ちではなくいつ死んでも良いくらいこのところの私は幸せなのです

孤独も越えて寂しさも越えて近いところか遠いところかそれはよく分からないけれど死というものがとても間近にいて間近にいるから私は私の為さねばならないことを力を入れるわけでもなく力を抜くわけでもなく毎日という日々が確実に毎日で淡々と息をして涙があふれ出すとしたらそれは嬉し涙なのです

多分私とともに生き延びた年老いた老人たちは他に言葉の選択の余地もなく正しくみなキチガイでそのことが嬉しく私も多分キチガイでバカやってんじゃねえよの状態で地面を這いつくばるように恥ずかしげもなく息をしているのです

誰に媚びることなくまだまだでたらめやらせてもらいます

 新宿のど真ん中はとてつもなく静かです

寝て起きればまた今日が始まり少しづつ何かが変化して私も変化して唐突に出会ったり出合わなかったり祭りが来たら踊ろうと思います

2013年冬私は生きてます


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。