So-net無料ブログ作成
検索選択

夢をみた

夢のその一
もうすぐ私の出番だ。セリフが近づいてくる。私は舞台裏、丸太の迷路をくぐり、舞台へと急ぐ。真っ暗闇。手探りで体をこごめて丸太の林を急ぐ。ゴツン。頭をおもいっきりぶつける。痛い。おでこに手をやる。ぬるっと生暖かいものを指先が捕らえる。楽屋に戻ろうか。額を割った。そんな余裕はない。私の出番がすぐそこまで近づいている。生ぬるい液体が目に入る。確かに血だ。楽屋に戻る時間はもう残されていない。方向感覚がない。舞台にたどり着かねば。気持は焦っている。しかしどうにも道が分からない。丸太の迷路をひたすらかける。ひとつ前のセリフだ。しかし舞台に出る道は見つからない。丸太の迷路はどこまでも続く。闇の中、丸太の迷路に捕らえられている。

夢のその二
もうすぐ私の出番だ。セリフが近づいてくる。私は楽屋で自分の出のタイミングをはかっている。赤ん坊がたくさん寝ている。一人が顔をぐしゃぐしゃにし、手足をぶるぶると震わせてオギャーと泣き出す。隣の赤ん坊も顔をぐしゃぐしゃにし、手足をぶるぶる震わせてオギャーと泣き出す。隣の赤ん坊も。その隣の赤ん坊も。またその隣の赤ん坊も。オギャー、オギャーと泣きだす。セリフがどんどん近づいてくる。おむつを取りかえなきゃ。私は焦る気持ちを抑えて必死でおむつを取りかえる。オギャーオギャー。赤ん坊は泣きやまない。ひとつ前のセリフだ。しかし、私はおむつを取り換えている。オギャーオギャーオギャーオギャーオギャーオギャーオギャーオギャー。

夢のその三
もうすぐ私の出番だ。セリフが近づいてくる。衣装を着替えなきゃ。いつもの場所を探す。衣装がない。あっそうだ。きのうクリーニングに出したんだ。なんでこんなぎりぎりまで思い出さなかったんだ。衣装はクリーニング屋に吊るされているんだ。急がなきゃ。セリフがどんどん近付いてくる。私はタクシーに乗りクリーニング屋目がけて走っている。セリフはもうひとつ前だというのに。

夢のその四
もうすぐ私の出番だ。セリフが近づいてくる。最後に台本を読み返す。ない。私のセリフがない。みんな消えている。下ろされたとかそういうことではない。周りは普通に当然のように私が登場しセリフをいうのを待っている。演じることは決まっているのだ。しかし、私のセリフが消えている。ない。舞台の袖でそれでも私は、出のタイミングをはかっているのだ。昨日まで演っていた芝居と全然違う芝居が進行している。次のセリフは私のセリフなのだ。でもセリフは消えている。


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 7

bohachi


>頭をおもいっきりぶつける。痛い。おでこに手をやる。ぬるっと生暖かいものを指先が捕らえる。

これ、テントじゃない芝居に初めて出演したとき、実際に体験しました。まさにその通り。ゲネでよかったけど、テント芝居では完全に真っ暗にはならないんだ。

2
>オギャーオギャー。赤ん坊は泣きやまない。
赤ん坊をキャンプ用テントに閉じ込めて芝居した。泣いても放置。しかし、舞台を降りると、そのテントとは違う方向から泣き声が。彼は泣きながら地べたを這っていた。俺は鬼の親と思った。



by bohachi (2008-10-01 12:24) 

NOBUCHAN

私は本当に天野の芝居の初日におでこをかち割りました。天野の芝居は大暗転。急いで楽屋に戻って、血の出るおでこに手ぬぐいで鉢巻してにわか応急手当てしました。衣装と、場面と全く不釣り合いな鉢巻でした。

私も芝居中子供を家に放置して、近所のおばさんに怒鳴り込まれました。夜中に娘が路上で鳴いていたそうです。鬼の親だと思いました。
by NOBUCHAN (2008-10-01 12:39) 

ジュンタ

笑ってしまった私をお許しあれ。
だって、深刻って、位置ずらすと笑えるもの。
失礼。
さて、本題。
以上をお芝居にしたらどうでしょう。
タイトルは私の出番。
いくつもいくつも、出番の前までを描き、とうとう出番がきて、
ステージに立ち、スポットライトが当たると、終演。
ともあれ、お元気で。

by ジュンタ (2008-10-01 12:47) 

NOBUCHAN

面白いですねえ。一人芝居でやりましょうか。また、一つ演目が増えちゃった。私の労働はどこへ行った。
by NOBUCHAN (2008-10-01 13:05) 

ジュンタ

後、芝居が終わったところから始まる人生の芝居。
これで2作目。
3作目は、本番の本番。これは割りとあるので、本は相当練らないと。
以上、
いくらでもやることがあり、
死んでいる暇がないですね。
by ジュンタ (2008-10-01 14:49) 

aruaru

ワタシは裁ちばさみで指先をそぎ落としたことあります…血の海
やたら舞台がぬるぬるすべるので気がつきました。
by aruaru (2008-10-02 11:30) 

NOBUCHAN

体も心も大事にして芝居しましょうね。
まだ死ねないから。でも、一所懸命だね。
by NOBUCHAN (2008-10-02 18:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。