So-net無料ブログ作成

3 てん 9

風は冷たかった
おなかに沁みた

わたしのエネルギーは噴射し光の中にいた

屹立していた
ここに起っているぞ
針金のようなからだで起っているぞ

 

鍵は鍵穴を探していた

 

遠くのどよめきの中で
貴方の湿った手が

 

わたしの手を握った

 

26年が必要だった
今だった
5年前でも10年前でもない



今だった

 

欲しかったのは安心

 


来た

 

安心

 

かちっと

鍵は鍵穴におさまり
その扉を音もなくあけた

 

だれにも分かりはしないだろう

 

鍵と鍵穴が一つになったこと

 

この

 

ここちよさ

 

ステージの上で
抱き合った

 

誰にもわかりはしない

 

 

意味

 

 

愛を超えた

 

映画館の暗闇の中で
最後の字幕を
今見終えた映画を反芻するように

 

爆音の中で
わたしは
わたしの26年間を

 

安心という静寂の中を

 

誰にもきづかれず漂っていた

 

3 てん 9


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

コージ

そんな大切なステージでご一緒できて僕は光栄です。
by コージ (2014-01-20 18:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。