So-net無料ブログ作成

クラクラ ブリジッド・フォンテーヌ 自動座

そういう時代もありました。
熱かった。みんな熱かった。
そして若かった。

1972年偶然ゴールデン街に遊びに行ってそこのママさんに隣の店空いてるよと言われじゃやると深く考えもせず自然に流れて創めたのがクラクラでした。坂口美千代さんのクラクラ日記から店名お借りしました。
どんどん流行って私の意志でなく流行って毎日満員で私もカウンターの上で裸で踊っちゃったりしてドーナツ盤でした。
映画関係では神代監督藤田監督カメラマンの姫田さん若い若い高橋伴明監督もいました。毎日熱く語り左翼って殴り合いでした。花園神社決闘場。
イラストレイターの黒田さん文人野坂さんコミマサさん中上さん渋いところでは中井さんすごい面子でした。
唯尼庵のきよ桂の中島べろんべろんでウオッカジンあおってました。みんな死んじゃった。
マツダ秋吉杜夫たこちゃんみんないたなあ。

そういう時代だったのです。
目撃してました。
そして男を二人変えました。
若いということです。

 

竹田賢一のプロデュースで渋谷の天さじでフォンテーヌ歌いました。
日本語で歌いました。
シンセ坂本龍一ドラムス土取さんベース近藤さんまだみんな無名でした。
寺山さんが螺旋階段で観てました。
洪水で水浸しの劇場でした。
早すぎるといわれました。アナーキーでした。歌詞が過激でした。
そんな時代でした。
若い時代でした。
私の20代でした。

 

自動座は今の時々自動の前身です。
なぜだか解りませんが朝比奈はこのことをあまり公表していません。
何十本も芝居をしました。
全部私が主役でした。
自慢話をしている訳ではありません。
事実です。
私は育ったし主演女優の体の張り方学びました。
新子は特別だから。
その頃の朝比奈の口癖でした。
よくある劇団の最後ですが男女関係どろどろになって終わりました。
そんな時代で若くて熱くてめちゃくちゃである意味何も見えてなかったのかもしれません。

いろいろいろいろありました。
そして何十年も経ちました。
みんな納まるところに納まって多分少しは大人になりました。

 

長く生きました。
当たり前のように若い時代がありました。
無鉄砲な若さでした。
たぶん楽しかったというよりは苦しかったのです。

苦しくて痛くて切なくてずたずたででもたのしかったのです。

そう青かったのです。

 

あおいはるでした。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。