So-net無料ブログ作成

ぐしょぬれどぶねずみ

夕方雨は土砂降りだった いつものように店に行く 近所の酒屋の自販機でたばこを買った 傘さしてお金出して機械にお金入れてタバコ取り出しておつりお財布にしまって煙草ポケットに入れて雨はざあざあ肩にかけたバックがずり落ちている 変な格好で傘さしてお財布バックに入れたつもりだった 雨の音がすごかったのでお財布落としたのに気付かなかった 歩いていてやけにカバンが軽いなとうっすらと思った記憶はある 店の近くのコンビニで光熱費払おうとバックの中見たら財布がなかった あ あの自販機のとこで落としたんだ とっさにそう思った 急いで戻らなくちゃ まだ財布落ちてるかもしれない こんな雨だもの人通りも少ないもの 又あの神社の裏の階段上るのしんどいけどそんなこと言ってられない 光熱費分入っているからお財布の中に万札ある 神様お願いと何回も言いながら酒屋の自販機まで戻った もう布のブーツはびちょびちょ足はずぶずぶ お店の人に懐中電灯借りて自販機の下とか探したけどお財布はなかった ほんの15分くらいで盗られちゃった がっかりなんかしてられない 酒屋のおじさんが警察の電話番号教えてくれた イヤー 携帯も忘れてる 急いで家に戻って牛込署に電話した 近くの交番に紛失届出して下さいと言われた 近くの交番てお店の近くの花園神社の裏の交番だ こうなったら迅速だ 携帯持ってブーツだけ履き替えてもう一度神社の階段を降りる 神様お願いとまた心に念じた でも今日の神様は冷たい 雨はますます激しくなるし風も横風だ 適当な傘を持って出たので風にあおられておちょこになって壊れた 大雨の中コートのフードをかぶってびしょびしょになりながら傘なしで歩いた 疲れたなんて言ってられない お金は抜かれてもしょうがないけど免許証保険証キャッシュカード全部入っているお財布だ何とか見つけ出さねば後が大変なことになる 早く届けを出さねばとその思いで必死であるいた 豪雨を吸ってダウンが重い水浸しぬれねずみ傘はない神はいない ともかく店に行って忘れ物の傘を持って来なければ 花園交番はその次 店でずっしり重いコートを拭いた 髪も拭いた結んだタオルが2枚ぐしょぐしょになった 店の床も椅子もびっしょりだったけど今はそれどころじゃない早く交番に行かなくちゃ 男物の傘をさして交番に行った お巡りさん丁寧に迅速に話を聴いてくれてお財布に入っていたお金とその他のカード類を記入した やさしいお巡りさんでよかった すぐにどこかに電話した 御苑前の交番にそれらしいお財布が届いてるって 思わず私は拍手した はーいったい何だったんだ びしょびしょで早歩きしていた私 でも自分を褒めてあげたいくらい雨なんかに負けていない迅速な行動を褒めてあげよう 神様はいた あきらめない私を見はなさなかった

雨は少し小降りになっていた
お財布は御苑前の交番にあった 女の人が届けてくれたそうだ お金もそのまま入っていた

ああよかった 私はぐしょぬれのどぶねずみだったけどお財布はそのまま戻った
運が良かったというべきかこのアクシデントをどう受け止めればよいのかよく分からないがともかく一件落着した

気が付けばどぶねずみはテンションハイの躁状態になっていた

神様何か私にいたずらしたかった?としか思えないような木曜夜はびしょししょだった

何事もなかったように猫たちは寝ているし あ 日常なのだ 非日常を潜り抜けて日常に戻った

夢ではないよ ほんとのはなし


走る三太郎

全ての音を消して昼寝の夢を思い出す


今日稽古いやだな帰ろかな帰ろう瓜生さん怖い顔してるし吉田や悦ちゃんはにこにこしてるけど私は今日は稽古したくないんだ
明日やれば間に合うと思う今日は一人でいたい小道具の髪飾りと衣装をしまう場所を探す
大きな古い旅館のようだ私たちは合宿しているのだみんないるみんな楽しそう私は楽しくないという感情でいるわけではないが今日のけいこはしなくてよいと思う
衣装と髪飾りを置いておく場所を探す茶色くて幅の広い階段を上ったり下りたりして時々木が腐っている
とても大きな古い古い建物だ百年建ってる旅館のようだ大きな広間の隅っこに水の入っていない砂利が敷き詰められた池のような場所があったここに置いておこうと思う悦ちゃんが来て風呂敷貸してという白くて赤い花柄の風呂敷だ
私が見つけた何もない場所がいつの間にかみんなの荷物置き場になっている私の場所なのに私だけの場所は私だけの場所ではなくみんなの場所になっている悦ちゃんが私の風呂敷で何かしまっている

私は家に帰ろうとしている靴を履いていないので若い誰かの部屋にいて靴を借りようと思う靴はいっぱいある赤いのや黄色いのや青いのや赤い靴を借りることにした右足は丁度良いが左足がぶかぶかだ左足が小さくなった赤いぺったんこの靴で先がとがっている布でできている細い飾りのようなベルトがあったのでボタンで止めた

猫の三太郎もいる靴を履かせなければと思う黄緑色の小さな靴を履かせた細長い靴だった

外はどこかの温泉街のようだ三太郎は嬉しそうに駆け回っている私に付かず離れず温泉街の商店街を東京への帰り道を探す三太郎が元気に走っているのがすごく嬉しいこんなに嬉しそうな三太郎私も嬉しい
すごく広いバスの待合所ぐるっと階段があって街の人がいっぱいいる三太郎は走る気が付けば三太郎の靴は脱げているやっぱり三太郎は素足が一番良い
バスが来た三太郎はバスの運転席の窓から中にぴょんと入った運転手さんに抱かれた停留場に看板があって東京という字が目に入った三太郎を抱いている運転手さんにこのバスに乗れば東京に行きますかと聞く運転手さんは愛想が良くてとても良い人だ坂道の町温泉街狭い街並みにぎわっているバスには地元の人がたくさん載っている
東京はすぐですよ東京に行くには小さなワンボックスカーがもうすぐ来ますと教えてくれる

ありがとうという気持ちで三太郎を私の方に呼ぶように大きく手を広げた

そこで夢は唐突に終わった

三太郎と東京に帰る

幸せな気持ちだけが残った

三太郎は元気なのだすごく

そう三太郎はすごく元気なのだ

東京の新宿のいつもの家で三太郎と暮らすのだ嬉しい


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。