So-net無料ブログ作成

しおん

足元ので寝ている

私は68歳でもうすぐ69になる

しおんは2歳7か月

猫は一般的に15歳は生きる

私は後15年生きるのだろうか とても生きているとは思えない

しおんは人間は私にしかなついていないし他の人は一切受け入れない

しおんは私で私がしおんなのだ 二人で一人

うちに人が来たときはその時間どこかに隠れて絶対出てこない

人間で認めて心を許すのは私だけ

ああ 死ねない

しおんより先に死ねない

私が死んだらしおんはどうするだろう

きっと誰にもなつかないだろう

私がしおんでしおんは私だから

しおんを不幸せにするわけにはいかない

一人にするわけにはいかない

だからしおんが星になるまで私は死ぬわけにはいかないのだ

生きる意味がしおんを一人にしないというだけでも

それは一つの生きる意味かもしれない

だからしおんが星になるまで私は生きる

しおんを看取る

それが私の生きる意味だ

立派な意味だ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。