So-net無料ブログ作成

祭りの終わり [詩]

怠いです 重いです 起きているのがしんどいです。


4月26日 ゴールデン街5番街 新子 の緞帳が これ以上ないという賑やかさの中で 降りました。


10年間のバー営業に終止符を打ちました。


4月29日 令和の2日前に72歳になりました。


老いは容赦ない。私の体もボロボロになりました。


普通の飲み屋の歴史なんか書く気ありません。


私は生きたのです。生かされた。


出会い出会い出会い


心地よい出会い 山のようにありました。


ありがとうは数限りない。


しかし それと同時に殺してやりたいような不快な出会いも山のようにありました。


飲み屋はそんなに楽しいばかりの商売じゃないよ。はっきり言っときます。


さて 先に進みます。


しおんはあと10年は生きるでしょう。


だから私も あと10年生きます。



これ以上ない静けさの中で 今はモーツァルトに背中を押してもらっています。


しおんは一つあくびをして私と視線を合わせました。



ま 朗読劇は いくつか演るでしょう。


昼間は眠るでしょう。


夜中になったら 気持ちが動く限り 文章を書くでしょう。



本当の 人生の緞帳が下りるまで。 


静寂と闇と無音の中で生きてみようと夢想している祭りのあとの


ひとつの終わりをむんむんする花たちに囲まれてカンパリソーダを吞んでいるまだ浅い夜更けです。






nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。